夕方満月 BLOG EDITION

モノカキ藤原健市のだらだらとした日記です。 有益な成分はほとんど含まれていませんのでご注意を。

拍手する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
拍手する

入院してきたり退院してきたり。

TARITARI面白いですよね。実に丁寧な作りで好きです。

さておき。
7/26夕方にちょっと腹が痛くなりまして。
ええ、いわゆる「差し込み」というやつです。江戸自体なら「持病の癪が」という感じの。
この差し込み、何年か前からちょくちょくありまして、いつもはせいぜい30分くらいで治まります。
で、この時も1時間ほどでおおよそ治まりました。

差し込みが起こるようになってから、痛みの原因をアレコレとネットで調べ、

「胆石症」

じゃないかと疑い、二年ほど前に近くの医院でエコーの検査を受けました。
結果はシロ。石はない、とのことでしたが――

ありましたね、石。今回、エコーとCTで検査を受けた結果、8mmほどの胆石が、一つ。
(複数と医者は言っていなかったので、たぶん1個だと思います)
この胆石。二年やそこらでいきなり発生するようなもんじゃないので、まあ、ぶっちゃけ見落とされたのでしょうorz

話を戻しまして。
7/26、夕方にちょうど身内が旅行から帰ってきたので、外で合流して外食をしようという話になり、痛みも治まったので、出かけたのですが。
これがね、イタリアンのバイキングだったのさ。

胆石症というものは、胆嚢に石が発生する病気でして、この胆嚢は、特に脂っこい食事をした時に収縮して胆汁を腸に送り込む働きをします。
イタリアンはね、オリーブオイルまみれなのだよね。

「あー。そりゃ夕食で30gくらいの脂質をとったでしょうね。イタリアンは油、多いですし」
と、事情を話した栄養士さんのお話。

ちなみに、胆石症患者が一日にとっていい脂質は20gまでですorz

そんな脂っこい(それでも焼き肉よりはマシだよねぇ)外食の後。
忘れもしません、オリンピックの男子サッカー予選リーグ、日本VSスペイン戦。
観戦中にますます痛くなる、腹。
試合が終わった頃には半ば悶絶していましたが、痛みの質そのものは、いつもの差し込みと一緒。
胃けいれんだろうか、としばらく耐えてはいましたが、明け方近くなってもまったく回復せず、
「こりゃやばいかも」と親を叩き起こして、近くの救急外来まで連れて行ってもらいました。
どうにか自分の足で外来の受付を済まして受けた診療の結果は、
「胆石ですね。消化器内科を受診していってください」

ということで一般外来の開く時間まで点滴を受けつつベッドを借り、消化器内科を受診したのですが、この時、私は熱が出ていなかったんですよ。
で、診察した医師は、

「鎮痛剤の処方しますのでお帰りいただいてけっこうです。後日、CTと胃カメラの検査の予約を取ってください」

と、あっさり言いました。
え。と私は思ったものの、医師がそう言うのならいいのだろう、と薬だけもらって帰宅しました。
いかんせん痛みは取れていないので、鎮痛剤を飲んで、横になっていたのですが。
夕方、今度は愉快な勢いで熱が高くなりまして――
再び、救急外来に転がり込んだところ、

「入院です」

ですよねー。っつうか胆石症で痛み訴えてるんだからほぼ胆嚢炎ですよねー。
と、現在担当医の方(帰ってよしと言った方とは別の人)とも苦笑してました。

というわけで、7/27の夜に緊急入院です。
7/31までの四日間は、毎日熱が38~39度まで上がるという状態で、飲み物のみで固形物厳禁、24時間点滴を入れ続けました。
8/1からやっと熱が落ちついてきて、昼食から食事を再開(脂肪制限食という大変味気ないもの)、でも点滴は継続。栄養点滴が外れたのが8/2、食事は三食、脂肪制限食。
8/3の夕方まで、朝晩に抗生剤点滴だけを続け、8/3夜にようやく全点滴が終了、針が抜かれました。
で、本日の8/4、退院してきました。

胆石症による胆嚢炎は、とにかく石ごと胆嚢をとってしまわないと、ほぼ100%の確率で再発するそうです。
あの悶絶を味わうくらいなら手術なんて屁でもねえ。
さっそく手術をお願いしてきましたが、これがそう簡単な話でもなく。
現代だと、胆石症の手術はおおよそ内視鏡手術だそうですが、その前にいくつか検査があります。
胃カメラやら腸管の内視鏡検査やらMRIやら……
八月半ばくらいまではそうした検査が続きまして、手術は、検査の結果次第。
いえ、手術そのものは必ずやるっぽいですが、内視鏡で済むのか開腹(要は腹を切る)になるのか、はたまたそれがいつになるのか、そうした予定はまだ見通しが立ちません。

手術で根治しない限り、家でもひたすら脂肪制限食。一日の脂質の摂取量を20g以下というと、食べられるものはもう野菜類と鶏肉(皮なし)と炭水化物くらいのもんです。
ああもう。

とにかく根治するまでまだしばらくかかりそうです。
脂肪摂取を注意していても、発作が起こる時は起こるそうなので、「安静にとまでは言いませんが、疲れるような生活はしないこと」と医師に言われていますので、当分は、のろのろ運転でいこうと思います。
秋口には完全復活できるといいなっと。

以上、いきなりの入院と退院の報告でした。
  1. 2012/08/04(土) 23:03:49|
  2. 日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。