夕方満月 BLOG EDITION

モノカキ藤原健市のだらだらとした日記です。 有益な成分はほとんど含まれていませんのでご注意を。

拍手する

久しぶりに

バイクに乗りました、数十キロ程度ですが。

冬の間、バッテリーを外してキャブからガソリンを抜いていたバイクの再起動処理を済ませて、バイクの調子チェックがてら、ちょこっと出かけてきました。

年末にスピード違反で捕まるという間抜けをしているのと、最近の本職の多忙で腰の調子が微妙なのと、
花粉症ではないはずなのに最近鼻がやたらむずむずしているので、遠出する気には、なれず。
今年の春、発売になった新型バイクの試乗に行ってみるべ、ということに。

CBR250R。
250としてはしばらくぶりにホンダが市場に投入した、ばりっばりの新型車です。
生産はタイホンダ。CBRの名がついているけれども、単気筒、27馬力。
4気筒の45馬力時代を知っている人には、何でこれがCBR? という商品。

とはいえ、時代が時代です。250で直4なんてコストのかかるものは、ねぇ……

さりとて。やっぱり4気筒のCBRを知っていると、単気筒はなぁ……と、思ってしまいます。

が、乗らずにあれこれ考えることにはまったく意味がないので、さくっと乗りに行ってきたわけです。

で、最初に結論。
おもしろいバイクでした。
車体が軽くエンジンレスポンスがよく、絶対的な加速力は高くないものの、小気味いい走りっぷり。
道幅が狭めのワインディングを、すいーっと流すと気持ちよさそう!
やっぱり、軽いってのは性能ですね。気負いなく乗れるというのは、いいものです。
欲しいなと思ったものの、腰の悪い私には、ちょっと前傾ポジションは厳しい……。

ABSのついていないモデルが45万円を切るという価格は、大変、良心的だと思います。
社会人なら、ちょっと頑張れば買えるお値段。
学生さんでも、けっこう頑張れば、買えないこともないお値段。
ぜひぜひ、若い人に乗って欲しいと中年ライダーはしみじみ思うのであります。

今の時代、若い人がほんっとーにバイクに乗らないんですよ……
乗ると、これほど楽しいオモチャもないとわかると思うのに。
腰が悪かろうが遠出する時間がなかろうが、私が手元にバイクを置いているのは、やっぱりたまにでも乗ると楽しいから。
他人から見たら、ほんのちょっぴりかもしれませんが、バイクは藤原の人生をいいものにしてくれていると思います、うん。

CBR250Rは、新開発のDOHC単気筒エンジン。
同じエンジンを乗せた新型モタードの登場を、期待せざるを得ません!
モタードよりも、250のアルプスローダータイプが欲しいんですけれどね、本音は。
さすがにそこまでマニアックなものは、商品として期待しませんよ。
でも、ラノベは。書き手として、マニアック方面に「にやり」としたものをこれからも考えていきたいです、うむ。
(考えるものと商品化されるものが一致するとは限らないぞい、念のため)
  1. 2011/04/17(日) 21:42:34|
  2. 日記

FC2Ad